FC2ブログ
        

切腹は武士としての誇り?

2018/ 12/ 05
                 
自ら命を断つ音が、なぜ誇りなのだろう?

死を選んで、結局は君主のために尽くしたと納得していたのだろうか?

他の仲間と、寺子屋で、あるいは日々、親からそのように言われていたら、

もしかしたら、shoも同じように、何の疑問もなく、

それが武士の最高の名誉であるかのような錯覚を信じただろうか。


教育とは、怖いものだ。

いつの間にか常識になってしまう、誰も異議を唱えることなく、

それが普通になってしまう、ってことだ。


狭い国で、たった一つの価値観がはびこり、唯一の、例外を許さない、

規則以上の価値を持つようになっては、いけない。


当然、切腹が悪く思われていた地方もあれば、

宗教上の理由から、その常識がおかしいと、変だと異議を唱える人はいたのだろう。

が、権力には勝てない。


封建制度の下、命を落とした、、、、あえて、命を落とした人、

最近では、特攻隊の若い戦士たちも、その犠牲になったと、shoは思う。


お国のために命を、、、その考えはおかしいものだと思う人は、いたのだろう。


時の権力者が勝手に決めた価値観に、どうして庶民は従わなくてはならないのだろう。

自分たちが選んだ人でない’リーダー’に、なぜ身を任せる、命を献上する必要があるのだろう?


shoは、最近、大事な友人を一人失った。


突然死とはあまりに突然で、残された者にとっては、なすすべもなく、

ただただ、オロオロしている。


彼も自らも好んで死んだはずはないのだが、

あまりに酷い、急なことだった。


が、例えば、その突然死にしても、

苦しむことなく彼は死んだのだから、むしろ良かっただろう、

癌などで病に苦しむことなく、

誰の迷惑にもならずなくなったのだから、

幸せというもの、、、そんな考えもある。

よく、人はそのように言う。

そんな価値観も、悪くはないのかな。

それは、学校教育でもなく、時の権力者が植え付けた思想でもなく、

自然に、人々の間で生まれたものである。



死の直前まで、ベッドに寝たきりになり、起きれない生活。

それでも、生きたい、自分から命を断つとは考えない。


一方、毎日病院に通い、一向によくならない患者として様子を伺うなんて、

正直、寝たきりの患者にも、訪問者にも、辛いのではないかな。

それでも、生きていてほしいと、周りの人は思う。




私の友人は幸せな死に方をしたんだと思えるか思えないか、それはsho次第なのだが、

残されたものとしては、心の準備が必要だった。

もっともっと生きていて欲しかった。


死んだしまった今となっては、

何を願っても会うことはできず、

いくら心の中に生きています、と言っても、

酒を酌み交わすことはできない、

愚痴をこぼし、怒り、笑い、、同じ時を過ごすことは、

もう、ない。

その現実は、しんどい。

思った以上に、しんどい。


が、もし、死ぬことは美徳で、神のもとに召されたという思想があって、

ぞっこん信じていれば、

彼は神に呼ばれ、今はもっと幸せな時を過ごしているにちがいないと、

思えるのだろう。


とうことは、悲しみを、宗教で癒すことができる例である。


ものは考えようなんだと、

なんか嘘くさいが、まやかしのように思えるのだが、

悲しみや不幸を和らげるものとして知恵を使えるのなら、

その程度かなとも思う。


武士としての誇りである死も、

本当はそうではないのだが、

何度も何度も、馬鹿みたいに繰り返し繰り返し、「武士の誇り」などと

言い続けていると、そうなるのかもしれない。


自分に、あるいは、人々を洗脳させて、思い込ませて、

悲しみを和らげる効果があるのかもしれない。


庶民よ、切腹は最大の謝罪であるとともに、君主に対しては、名誉ある恩返しであると思いなさい、、なんてね。












                         
                                  

コメント