FC2ブログ
        

自分にはコレがある、と思う時の自信

2018/ 12/ 25
                 
巨人の菅野選手やクローザーの、、忘れた、、誰だっけ?


打者のタイミングを微妙に外しているのだろう、

、、腕の振り、リリース時の工夫など。


だって、あの種のpitcherは、普通に投げていたら、プロでは生きていけないのでは?

普通ではいけない、そう思ったのは、菅野選手ではないか。


では、自分のにしかできない、これが菅野だという投球技術を会得し、

生き延びているわけだ。


以下、引用から

「投手は、右投手なら、左足を踏み出したとき、右腕を後ろに残し、ためを作ってそこから勢いよく投げ下ろすのがいい」という思い込みがある。私自身も少年時代、そう思っていたし、高校野球でもそのように指導された。
 ところが、メジャーリーグの好投手の大半は、まったく別の投げ方をしている。ここでは右投手を前提に話すが、左足を踏み出したときにはもう投手の上半身が打者に正対し、ボールを持つ右手が顔の前に出ている。左足の踏み出しと右腕の振りがほとんど同時なのだ。

 もちろん、左足をゆっくりおろし、地面すれすれのところまでは右手は後ろにある。しかし、左足が着くか着かないかのわずかの間に上体を反転し、足を着くと同時に右手を前に振り出すのだ。この左足と右手の誤差が少なければ少ないほど、打者は打ちにくい。

 まだ来ないはずのボールが、突然目の前に現れるような感覚がある。菅野はまさに、こういう投げ方をしている。ゆっくりと左足を上げ、まっすぐな姿勢を保ち、しっかりと右足に乗ってから打者方法に重心を移動する。その仕種はゆったりと見えるが、次の瞬間、急にボールが飛び出してくる。

だから、スピードガンで測る球速以上に菅野のボールは速く鋭く感じるはずだ。打者にすれば、「アッ」と慌てる感覚になるから、そのボールが鋭く変化したら(スライダー)、腰砕けして手に負えない」

とのこと。
                         
                                  

コメント