FC2ブログ
        

EKIDEN sucks?

2019/ 01/ 04
                 
箱根駅伝に出場できるのは、大前提としては関東学生陸上競技連盟に加盟している大学というものがあります。
また、出場資格としては、箱根駅伝の出場回数が通算4回未満である選手に限られていて、エントリーができるのは10名から14名、その中で出場できるのは10名から12名です。
そして、毎年元旦と2日に渡って行われる箱根駅伝に出場できるのは、箱根駅伝前年度の上位10校と予選会を通過した10校に、関東学生連合チームを合わせた21チームとなっています。
 箱根駅伝で上位10校までに入っていれば、予選会に出場することなく、翌年の箱根駅伝に出場できるシード権を獲得することができます。
以上、引用から。
  All participants have to belong to the Kanto Federation of Students Association.  So, the fastest runners living in Osaka, for instance, can't take part in the race.  What a shame.  The door's been closed, it seems.  
  I know from the beginning that they don't mean to exclude the runners living out of the Kanto area.  This race is just a fest wishing a happy new year.  Am I too optimistic?  
  I know that some people call it partial.  
  On the other hand, the college runners in Osaka can enjoy more related holidays.  Go abroad to have fun exposing yourself to different people and cultures.  You will make more progress than exposing yourself to the monotonous, ordinary life as an athlete.  Am I right?  So, what's the problem?
  Some envy the Hakone runners because they run with lots of TV reporters and the cheerful supporters along the streets.   
to be continued)
                         
                                  

コメント