FC2ブログ
        

ずっと好きでした、、

2019/ 05/ 10
                 
彼女とは、同じ職場に同じ年に勤務して、
同じ仕事をして、
、、早5年。
彼女は原則転勤し、
私はその一年後、転勤になる。
もう会うことは無いのかな、と
漠然と思っていたが、
同じ職場にいた頃、
お芝居を観に行かないかと、
誘ったことがあって、
無下に断ることはなかったから、。
もっとも、ふたりでは気まずいので、
数人で観に行くことにして、、
だから、彼女とは2ヶ月に一度の割合で会えた。
職場は別々でも、
他の皆さんも、お変わりなく
お仕事されている様子で、
こちらもそれだけで嬉しい。
会えたのは二度。
ある時から、
私の家族が体調を崩し、
その観劇に行けなくなり、
一年くらいは、
ちょっと行けないみたい、、
とのメールで失敬していた、、、
観劇もいいが、
若い人たちと飲んで、
年甲斐もなく話すのが楽しかった、、
そんなことで、
長く観劇を失敬していたのだが、
その日運良く行けるようになり、
東京まで東海道で向かった。
夕方開演前に、ロビーで会った時は、
彼女を見てハッとして、
あー、綺麗なお嬢さんになっちゃって、、
なんて思いながら笑顔で挨拶。
若い人が観劇に興味あるのか、
不安だったが、
楽しく観ていた様子、、、
終わるとすぐに、
近くで食事するのが恒例だったから、
予約していた高層ビルで、
ちょっと高めだが、
いつものように、
ビールで乾杯し、
会話は弾む。
久々の再会だったせいか、
向かいに座った彼女も、
ハイテンションかなと、、
私も嬉しかった、、、
頭のいい女性は、いい。
話しても飽きない。
しかし、ちょっと飲み過ぎたかな、
彼女、トイレに行ったきり、
なかなか帰って来ない。
こちらもトイレに行くついでに、
見かけたら
ちょっと声かけようかとのつもりだった。
トイレ前にあるスペースのソファに、
彼女は座っていた、ひとりで。
夜景の綺麗なビルなんて、
あまり行くことはなかったが、
その日は特に、
東京が一望できる階だったから、
気持ちも良かった、、
綺麗だね、夜景、、
○○さん、大丈夫?
(返事がない、、)
大丈夫?
すると、彼女、座っていたソファから
すっと立ち、
私の胸に頭を寄せる。
今まで何をしてたんですか、
心配しました、、心配しました
声が上ずってた。
そして私の顔を見上げて、
ずっと、ずっと好きでした、、
会えなくて寂しかったです、、と。
彼女、うっすら、、涙ぐむ
私は、
彼女が愛おしくて、愛おしいくて、
強く抱き寄せて、
人目につかない方に移動した。
                         
                                  

コメント