FC2ブログ
        

体操辞めたい、白井くん?

2019/ 05/ 19
                 
以下、コピーです。
  4月の全日本決勝では鉄棒で2度落下するなど精彩を欠いた。得意の床ではきっちりと着地を決め続けたが、思ったようなEスコアをもらえず「意味が分からなかった」と、苦悩した。全日本後はどん底に。
「1週間は本当に腐っていて、辞めたいって正直に言いました。『今、したいことは?』って聞かれたら、体操を辞めることって答えた。他の人にそんなことを言ったのは初めてだったと思う」-。
   それでも、ジュニア時代のコーチや、日体大で練習する後輩たちの慰めの言葉や、姿に「もう2度とあんな演技をしちゃいけない」と、再起を決意。床や鉄棒の構成を上げ、白井健三らしい攻めの戦いで今大会を乗り切った。「あの(気持ちの)波があったから今日の演技ができたと思う」と、うなずいた。
    世界選手権(10月開幕、シュツットガルト)代表入りへは、6月の全日本種目別(高崎)が勝負となる。得意の床と跳馬を中心とした貢献度で残り2枠を狙う。「高崎に向けて、間違いなくいい形で臨める」。失意のどん底から復活した“ひねり王子”。次も迷いなく、攻めきる。
以上、コピー終わり
表現で嫌いな箇所もあるが、まあ、人目を引かないと生きていけない分野に携わる人が書いたのだから、単純にああそうなんだみたいには感じなくなったし、、まぁ、そんな風に書いてるのかって、、
さて、いつもトップでありたい、いや、トップでなければ意味がないとの想い、私達の想像を超えるでしょうな。他のスポーツも同じですよね、勝負の世界なんだし。
 神経、すり減るよな。0.0001ミリ?の差を争うスポーツだろうし、メンタル持たないな~、身体も、shoは。
ずっと神経すり減らしながら、これからも生きていくのかな?
目標は何でしょうね。東京オリンピック、4年後、8年後までのオリンピック出場、、かな?
その後は、父のように指導者の道?後継者の育成?どんな道があるのだろうね、、。
人生設計、目標、、また、何のために今こんな苦労してるんだっけ、みたいな内省がないと、あまりに近くの出来不出来の結果ばかりにメンタルが左右されることは、避けたいな、、と、自分に言い聞かせている。
スキージャンプの船木、原田、レジェンド葛西、、まだまだ、ずっと好きなジャンプに関わって生きている。成績不審な時の方が多かったのじゃないかなって、最近思う。でも、狙いを定めて、いついつまではこうなりたい、あーしたい、っていう展望があっての練習、ハードワーク、人知れずの涙、挫折、、復活、、などがあるのだろうな。
マスコミに報道されない、世の人目につかない夏場は何をしてたんだろ?テレビ見て、毎日ボーっと生きてたと思う?違うよね。来期もより良い成績を出せるように、(限られた関係者以外)人知れず、トレーニングですよね。海外合宿に出かけたり、専門家のアドバイスを聞いたり、少しでも時間があればどうすればもっとパーフォマンスが上がるかを、考えているはず。
白井くん、腐るなよ。月並みだか、いい時もあれば、なぜかわからないが調子の出ない時もあるよ~。
そう、辞めたい、なんて軽々しく、、言っていいんだぜ。誰かの悪口じゃないし、アスリートは皆んな同じ。ネガティブな感情など吐き出してしまえ。
                         
                                  

コメント