FC2ブログ
        

お金を刷ればいい理論

2019/ 06/ 29
                 
全て引用)
、、、これまでの多くの経済理論では、政府の財政赤字が拡大すれば同時に金利上昇と景気悪化を招くとし、政府の国債発行の拡大は望ましくないとした財政均衡主義が主張されてきた。一方でMMTでは財政赤字拡大では景気悪化を招くとは限らずマネーサプライ増加によるインフレ圧力がかかるのみとしており、この対立から多くの議論を呼んでいる。また、政府は将来の支払いに対して非制限的な支払い能力を有していることから、政府の債務超過による破綻は起こりえないとし、赤字国債発行の限度はインフレ率によって示されるとしている[1]。ただし、支持者からも全ての国家で通用する理論ではなく、基軸通貨国又は政府の借金の外国人保有率や外貨通貨建てのモノの割合が低く、自国民が国債のほとんどを保有している国でしか通用しないとの立場を取る支持者もいる[2]。
なんか、日本の赤字財政を正当化する、
というか、きな臭い理屈に見える。
理論なのか屁理屈なのか、
へ~そうなの、って感じかな。
特に、ただし以下は、日本でしよ?
理屈より、健全な財政をお願いしますよ。
借金1000兆って、何さ?
                         
                                  

コメント