FC2ブログ
        

白血病を治してくれてありがとう

2019/ 08/ 20
                 
半年の入院、
なかなか疲れましたが、
スタッフのおかげです。
回復していく過程で、
日本で五本の指に入る名医が、
チャンスですよ、と
言ってくれました。
細身の、ごく普通の人みたいな感じでしたが、
穏やかに、私の目を見て言ってくれました。
最終段階ではなく、
かなり早い段階で、
この患者は治ると思ったんだろう。
Shoは、確かに治療の経過が良かった。
データ的には、
20日目で数値がグンと上がる、、
19日目の朝の採血までは、
白血球数に変化なく、
2~3000個程度。
その20日で合併症がないこと、
風邪ひいたり、転んだりしない、、
大事に過ごした。
部屋に入る医師、看護師、掃除人、
家族、友人、、皆、
入り口で手洗い、着替え、キャップをかぶり、
入室してくる。
運命の20日目、昼。
看護婦さんが、
横長の、細いデータの紙を高々と上げて、
病室に入ってくる。
ニコニコしてる。
自分の給与明細見せて、
ポーナスでもあったのかなと思うほど、
嬉しそうに。
その小さい、データを記入してある紙片を
Shoのところに見せてくれた。
数値は覚えていないが、
ドクターの言う通り、
ちょうど20日目で数値に変化があった。
ドクターは、
平均20日だからね、と
何度も言ってくれたが、
ちょうど20日目、凄い。
あの薬💊、、名前忘れたが、
食後3カプセル、、何だっけ、、
そこから始まった本格的な治療、、。
                         
                                  

コメント