FC2ブログ
        

異議あり、いまだに高校で夏目漱石「こころ」1

2019/ 08/ 28
                 
shoが高校生だった頃から、

夏目漱石の「こころ」を国語の授業で読まされた。

あれから数十年後の今、

まだ、高校生に読ませたい輩がいるのかと思うと、

思わず、高校生に何を期待しているのかと、

問いたくなる。


特に、教科書を「検閲」する方針のある日本で、

国の意に沿わないものは書き直されるか、

その教科書は不採用となる。


「こころ」の嫌いなところは、

ありゃ、こころではない、ってことだね。

人のこころはこういうものだと、

いい例を挙げているわけではないということ。

普遍性を表現しているとは、言えない。

だから悪いと言うことではないが、

皆が皆同じような心理状態だと思ったら大間違いで、

まあ、その違いについても高校生に議論させたいのか

わからないが、

いずれにしても、

shoは、嫌いだ。

まず、暗いよ、先生。

生きていく上ではさ、いろいろあるじゃない。

自分だけが世の中の不幸を全部背負っているような、

(そんなふうにshoは以前言われたことがあるから)

、、、みんな背負っているものがあるんだよ。

たまたま、それが目に見えない、わからないから、

お互いが気兼ねしないで生きていけるわけでしょう。


今日、電車に乗った。吉祥寺まで行ったよ。

道で、電車中で、一体何人の人とすれ違ったか知れない。

たぶん、何十万、、そんなにいないか、、、。

通行人であろうが、電車でイヤフォンして音楽聴いている若者であろうが、

みんな、何かを抱えて今日を生きている。

、、、もういいよね。











                         
                                  

コメント