FC2ブログ
        

高校での夏目漱石「こころ」3

2019/ 08/ 28
                 
天皇であろうが、誰であろうが、

人の死を悼む、悲しむのは当然であろうけど、

それを高校生に学校の授業で読ませて、

彼らに何を期待するというのかな?

様々な観点からのテーマは、あるだろう。

友情、裏切り、片思い、友人の死、時代と自分、天皇の死、、、など、

限りないのだが、

年間指導計画に沿って、この単元は10時間で終わる予定、

などと授業には予定がある。


単純に、時間がないからこんな大きな人生テーマについて、

議論などできないからやめろ、ではない。

日本人や生徒は議論を好まない、だからやめろ、でもない。

(所詮議論したところで、文学作品なんだから、

まともに相手にするほど時間はない、なんて生徒は思っているかもよ。)

さらに、現代の高校生はスマホの世代であるとして、

時代背景も社会意識もあまりに違いすぎる当時と、

現代の日本社会にあって、この教材を使って何を求めるのか、

生徒に何を期待するのか、意図がわからないだけだ。


to be continued)



                         
                                  

コメント