FC2ブログ
        

一番簡単なのは反復練習、、じゃない?

2019/ 09/ 17
                 
語学にしても、スポーツにしても、
まず、指導者が手本を見せる。

   で、どういうところに注意すべきかを、
   説明する。

   失敗例も、紹介してもいい。

次は、学習者にやらせる。

   最初からうまく行くわけはなく、
   学習者は、当然、間違う。

   それは、間違えた理解のせいか、
   ただ単に、実戦上で間違えたか、
   その辺を説明する。


   指導者の説明を、素直に聞かなかったのか、
   自分でできると思い込み、学ぶ姿勢がなかったのか、
   いずれ、指導者からの成功例を、
   軽くみている、あるいは、ナメてかかっている、、
   ま、そんなとこだろう。

   そんなやつは、一生伸びない。

いい学習者は、よく、人の言うことを聞く。

   お互いに、誉めあったりしながら、
   よく、学習者同士でも、うまくいった、いかないを、
   まぐれよー、なんて言いながらも、よく情報を交換する。

   そんなところに、指導者の助言もすんなり入る。

   個々の学習者は、やがて癖や個性が出始めるのだが、
   それでも、うまくなりたいと思う学習者は、
   貪欲にまで、まず、目の前にいる指導者の意見や感想を仰ぎ、
   ネットで、あるいは、書籍で、別の成功者にも、
   なんとかアプローチしようとする。

   その間いい指導者は、学習者を褒める。

   ちょっとでもいいと、よく褒める。

   マラソンの高橋尚子選手も、
   今は亡き小出監督に、「オリンピックに出られる。金メダルを取れる」と
   良く言われたようだが、どうも、それは、
   どの選手にも言っていたらしい。

そ、褒めることだね、あるいは、認めること。
   
   そうしないと、誰もついてこないぜ。
                         
                                  

コメント