FC2ブログ
        

英語など話せるわけがない

2019/ 09/ 18
                 
「話す」レベルによるのだが、、、、。


何をもって「話せ」るとするか、ですよ。

映画で話されている俳優たちの言葉がわかる程度でないと、
話す、話せるなんて言えないのです。


日本に長く住んで、日本人の英語はこんなもんだとわかってくれるnative、
彼らに(だけ)通じる英語は、
残念ながら、「話せ」る英語とは、言わない。


60日、70日あれば英語が話せるようになる、なんて、
笑える。

人を馬鹿にするにも、ほどがある。

高名な学者ツラして、いろんな英語教材を売りつけて商売する奴ら、
悪いが、落ちたもんだと、内心軽蔑する。

海外に数年住んだ、暮らした、なんて言っても、
知らない話題はたくさんある。

   GHQに洗脳されている日本人、
   地球温暖化をトランプが認めない理由、
   養子制度がもたらす弊害、
   最後の市場、アフリカを狙う国々の野望、、


そんなことを英語で質疑、議論できて初めて、
英語が話せる、ってことになる、、shoの基準では。

Hi,  Hello程度から始まり、(年に数回行くか行かないかの)世界旅で使うような表現、
自分の趣味は、なんて、、、nativeとは一生話すことがなくても、勉強するらしいが、、。


英語なんて、好きな人がやればいい。
必要に応じて勉強すれば、いい。

学校での英語は、ほんのきっかけ作りにすぎなく、
本当に勉強した人は、ネットで紹介されているものから、
自分に合ったものを探すといい。

が、くれぐれも誤解しないでほしい。

日本国内でちょっとぐらい英語が通じても、
それがそのまま、海外では全く通じない、ってことが
よくある。

それは、学習方法、内容がよくないからだ。

最初から、nativeの真似をすればいい。
ただ、それだけ。


真似ができるまで、次に行かない、、、それがコツですよ。

その繰り返しが、成功への道、、かなり地道な道です。

もっと言うと、日本語を話す声と、英語を話す声を、変える。
二つの自分を持つように、
nativeになりきった自分は、nativeと話す時に使う。

何日で英語が話せるなんて、
海外に行っても、無理だから。

読者の皆さんは、くれぐれも騙されませんように。


(続く)


   


                         
                                  

コメント