FC2ブログ
        

野球ドラフト、、選手ファーストにせよ!

2019/ 10/ 19
                 
就職の際、
一般企業訪問があるように、
(ま、コネの世界ですが)
学生や仕事を探す側からアプローチがある。
野球のドラフト会議など
何様かと言いたくなる。
選手は、何も出来ない。
運任せの将来、
くじを引かれても、
嫌なチームだったら笑顔は、出ない。
何故こんなシステムがまだある?
せめて、
選手が、プロになりたいプレイヤーが
くじを引くべきだろ?
ドラフトは、野球だけか?
バレー、バスケ、サッカーには、無い?
よく選手紹介に、
この選手は既に東京FCに就職が決まってます、
なんてのがあるが、
野球は特別か?
12チームしか無いプロ野球チームの、
特別どこかのチームに集しないように、って
チームファーストだろ。
経営者ファーストの目線。
なぜ、高校生や大学生に、
自由にくじを引かせない?
各チーム、上限を決めて募集すれば良い。
違うか?
それで解決しない?
決まる前の、金銭的揉め事は罰せられる、
みたいな規則を。
今のままだと、選手は、
行きたいチームを選べない不思議と、
自分の意に沿ったチームが(確率1/12)
引き当ててくれるかも知れない、微かな確率に祈りを捧げる他力本願にのみ依存して
不安定な日々を過ごし、
選手の、選ぶ権利なく、
選手ファーストなどもっての他と言わんばかりに、
何を勘違いしてるのか
'ドラフト会議'に出てる各チームは
実質わずか2、3人のトップ選手を
たかだか12チームがテーブルを合わせ、
プロ入り希望している前途洋洋の新人を、
くじ引きという、
ひとりの人間として捉えるのではなく、
ただの紙切れで景品を当てる、
大人側の'お遊び'でなされるのである。
あの場にアルコールなどあったら、
'宴会'もさぞ盛り上がるだろう。
                         
                                  

コメント