FC2ブログ
        

カウンセラーはなぜ好きなことを話さす

2019/ 11/ 12
                 
「何でもいいから話しなさい」だと、、
Shoは話したー
台所で思ったことを。
ある40代の男性が、幸運にも
株取引で億単位の利益を出した。
実は5億ー。
信用取引、FXとか、知らない単語を並べてきたが、
shoにはわからない。
で、もういい、やめよう、、
そのguyは仕事を辞め、
アジア各地を回り、
やがてヨーロッパ、アメリカ、日本に。
旅行中、
お金の使い道を考えたのだが、
どうしてもわからない。
高いモノを買う、美味しいモノを食べる、
綺麗な女子と出会って飲む、食べる、、
どうもそんなことには
あまり興味を沸かない、、。
食べたあと、
そりや美味しいが。だから何?
美人にも会ったが、、なんか違う。
ある日、
日本に戻り、瀬戸内海の島を巡るー
懐かしい故郷の景気に似て、
島には田畑も木々もあり、
人は少ないが、
穏やかな気候と海、
新鮮な魚、野菜に
魅せられる。
都会ほど洗練されてはいないが、
暮らしには困らない。
お金はあるし、
のんびり暮らしていけるー
彼は家を買い、東京、大阪などの都市から
一線を引いて、
陶芸に興味を持ち、
窯を作り、
現地の人と毎日楽しく暮らしているー
もっと欲があれば、
10億、100億の資産を作る道があったのだが、
実際には、そうしなかった。
5億、、今まだ4億残り、、
海外の債権で運用して暮らしていけるが、
問題は、ある。
せっかくの才能があり、
10億への道もたいしたことがなかったはずが、
なぜやめた?
カンボジアの片田舎を旅行中、
彼はほっとした、という。
風、緑、見知らぬ人のざわめき、
誰も知らない人、つまり、
誰からも意識されないで済む心地よさ、
もう、何も気にしなくてもいい。
誰からも意識されないで済む、
なんて軽いんだろう、と。
ケバケバしい街は、もう要らない。
窮屈な職場は、要らない。
しかし、
この欲が無い、という特質、
何故か?
( to be continued )
                         
                                  

コメント