FC2ブログ
        

ネットで書く怖さ

2017/ 01/ 28
                 
一方、こんな風に、ネットで自由に書いて、
ああ、誰かが読んでるんだ、みたいな、いくらバーチャルな世界だって、
読んでるくれる人がいたから順位が上がったんだろう、
、、が、決して、内容がいいからではなく、
リピーターが、固定客ではなく、単発に訪問する方々の方が多いのだろう。
それでいいのです。
誰かのコメントなど、不要です。
受け付けません、励まし以外は。
特別誰かに送るメッセージでさえ、
誤解される恐怖を知っています。
あれはラインでしたかね。
文字で伝えるのは、かなり難しいのです。
面と向かって、しっかり言えばいいのものを、、。
誤解で済めばいいのですが、
いやいや、済まない、、いや、どうでもいい、もう。

嫌なことがありました、本当に。

だから、江戸川乱歩も言ってました、
人を長く騙すのは難しいから、短編なんだと、、
急に何を書いたかと不思議ですか?
短いほどインパクトがあり、憶測や恐怖、歓喜、悲しみ、、いろいろな感情を
喚起できて、、悪くいえば、、、人を騙すことが出来る、
言葉たくみに、ね。
だから短編に限る、みたいなことを言っていたようなんです。
作家になるわけでもなく、日々書いてみると、ああ、誰かが見たんだ、
それだけで十分な感じで、我はもう十分です。
タイトル、今を生き抜こう、辛い人はもう少し頑張ってみて、
みたいなことを書きましたが、、本当に辛い時は、声が出ませんね。
勝手なことを書いてます。
白血病を患って、ああ、俺は死ぬんだろうな、この病院で、、
みたいな感じで数日生きていました。
だが、何日経っても経過は悪くならないし、順調な回復ぶりでした。
5歳の幼い娘を残して死ぬんだと、
妻をおいて先に逝くんだと、覚悟をしていましたが、
専門医にこれはチャンスですよ、と言われて、生きる気持ちが前向きになり、
セカンドチャンスが与えられたのですが、
良い方に物事が進むこともあるのですから、
辛い、しんどいとばかり思わず、
少しだけ耐えてみてください。
いいことがあるかもしれませんよ。
死に関わりなくとも、
せっかくこの世に生を与えらたのですから、
少しでも楽しくしましょう。