FC2ブログ
        

どう、こんなタトウー?

2020/ 02/ 22
                 

引用です) 


 千葉県松戸市の高校2年の女子生徒(17)は、カラオケに1度行かなかっただけで、グループの7人全員から無視された。「いまはわかってくれる友達とだけつきあいます」。

  限度は2~3人までだと感じる。

 誰とでもつながれるSNS全盛の時代でも、中・高生のコミュニティーの中心はリアルな人間関係のある学校らしい。中・高生の実情を調査したマイナビティーンズとビデオリサーチの結論だ。とくに女子生徒にこの傾向があてはまるという。「彼女たちはクラスの仲良

グループなどを中心に行動していて、それがすべて」(マイナビティーンズ事業部)

 ♪たのしいくるしいおともだち/(中略)おそろいの入れ墨/こころに彫っている


引用 以上)


   なるほどね。どこにでもいるんだね、人間関係で困ってる人がね。かなりストレスが強かったそうな、わかるぜ。


 しかし、ま、そんなもんだろうね、特に日本では。

 人と同じことをしないとハブかれる恐れあり。旅行に行ったらお土産を買ってこないと冷たくされる、prototypeと言って、そのグループや人間関係には独特の原型や目に見えないしきたりがあって、それを破ると悲劇が待ってる。田舎でも都会でも同じだね、このやっかいな村意識は。


 shoにはもう関係ないが、振り返ると、東京教育委員会でも同じだよ。今なら笑えるが、一律意識、上下のしきたり、横並び、、一様な行動意識、、馬鹿か、と思うほど遅れている村社会の構図が今だに強固として存在する。多様性?は?


 この女性はまともであるよ。今の社会に疑問を持たない方が、どうかしている。


 こころのtattoo、無駄なだけ。心だけは自由にしていたい。

 

 


   

                         
                                  

コメント