FC2ブログ
        

TOEICは所詮反復練習試合、実践は会話

2020/ 03/ 11
                 
所詮は練習なんだよ、
練習プロって知ってる?


練習場では誰から見てもプロ級だが、
それは、ゴルフ場なら、
綺麗な絨毯の上を転がるボールを相手にし、
何度も何度も打ち直しができる。
ドライバーもアイアンも、
これがダメなら次は同じ距離を
ちょっと番手を変えて
また同じ距離を狙ってみよう、、。
コースと似たようなグリーンではあるが、
風もない、自分の好きな場所を(打席を)変えて
打ち直して練習ができる。


TOEICや英検などのペーパー試験は、
練習だ。
しかも、練習さえすれば、
練習場ではプロ級にもなれるー。


実践の試合は、
打ち直しは出来ない。
間違えたた、間違えたなりに
言い換えたり、再度説明を加えたりして、
前に前に話を進めるものだ。
人間が相手だから、
人の気持ちを考える必要があり、
ありがとうと言わないと話しにならない、
人の目を見ないと信用されない。


わずか1分の会話でも、
話題はあちこちに飛ぶ、
宗教、歴史、近代文学、ファッション、、
全てに気を配りながら相手の心に
話しかける。
この人は、どうも話がわかってない、
興味が無い、、みたいな推測も要る。


試験勉強、あるいは、筆記試験との
違いはhugeである。


いや、比べることが、アホだ。


TOEICで高得点と言っても、
椅子に座ってのひとり相撲であるから、
会話など要らないのだよ。
練習は何度もできる、
いくらでもできる。


nativeとの会話は、一方、
自分の文化ではなく、
人様の文化に入っていくことになるから、
、、、トイレ
to be continued)







                         
                                  

コメント