FC2ブログ
        

軽薄な人々と生きる

2020/ 06/ 13
                 
人々の中にはあまりに軽薄な、
薄っぺらな奴らが多すぎてうんざりする。
その人々は、
おのれの人生を省みたり、
悩んだり苦しんだりすることは
あるのだろうか、と思うくらい。


そいつらの顔が
どんどん浮かび上がるのだが、
吐き気がしてくるのを抑えながら書く。
何の罪もない人を平気で騙しておいて、
のんびりした刑期を終えて
またネットで騒いでいる。
あることないこと、
わーわー、、まずうるさい、
人目を引くのに夢中で自分が何したかなど
反省もクソもあったもんじゃない。
あー、この人は何もわかってない、、残念。
だから嫌われているのだが、、。
もう過去のお荷物なのに、
ここにいるよー、忘れないでねー、みたいに
未練がましいぜ、おっさん!


人格変えな、っと言いたい。
旅に出ろ、世界を見てこい、
孤独を痛感して自分をしっかり見つめろ、、。


時代の寵児、と
マスコミに騒がれていたが、
所詮は利用されていただけ。
そぬ仕組み、まだわからないのかねー。
わかろうとしない、
それは怖いからだけどね。


さて、
善良な人々にとっては、
そんな軽薄希薄低密な人々をあざ笑い、
自らを律するのだが、
そんな人々がいる社会で
いやでも生きていかないとならない。
なんて不愉快な、と感じながらも
そいつらから目をそらして生きていくのだ。


まだ腹が立つ、、。
自らの利益のためだけに、
この非常時に
マスクを高額で売りつけようとしたヤカラ、
人としてどうよ?って思わない?
目的のない10万バラマキを実行したタヌキも、
こんなに給付が遅いのなら
当初の30万を生活困窮者に配布した方が
よかっただろうに、、。
岸田案が良かったぞ!
わけのわからぬ補佐官など
無用の長物だろ、
時代遅れの考えなど、要らん。
あなたの考えは、誰にも支持されていない。


マスクは不潔なので捨てた!
郵便ボックスから取り出してすぐ、
エレベーター入口にあるゴミ箱に
捨てようとしたらもう満杯だったが、
ぎゅっと押し込んで、破棄したぜ!


不愉快でならない。
人を馬鹿にしてる。


そんな軽薄さは、特に、田舎では嫌われる。
なんだあいつは、で終わり。
誰にも相手にされないぜ。
誰もが警戒するし、信用しない、
狭い社会だから、
悪事はすぐに広まる。
、、、田舎たって、人口800万人だぜ。


困ったのは、都会では、

軽薄さがもてはやされるように見える。
マスコミの影響で、、。


更に困ったのは、
マスコミは、知ってるのだよ。
所詮はバーチャル、
無い物を、実物以上にリアルに見せるのが、
彼らの仕事だから、
編集すれば、いくらでもなんでもできることを。
系列数社で取り上げて盛り上げれば、
あっという間に広まって、
あたかも本当かのように思わせるのが得意。
気をつけていないと、
流されるぜ、はるか遠くに。


若い人々がマスコミ、テレビに出たがる
あるいは就職したい気持ちはわかる。
そりぁ、有名企業に属したい、からさ。


しかしまた、
自社局の利益、視聴率アップのためには
自分が裸にならなくてはならない、
そんな覚悟も必要だよ。
ま、皆んなやってるから、、みたいに思ったら
なんでも出来るか。
赤信号みんなで渡れば怖くない、社会だし 笑。


テレビ局の組織にくらべたら、
あなたひとりの存在など
とるに足らない、
エサにおびき寄せられたサルみたいに、
オリに入れられて終わりなのだけどね。
自分だけは違う、と
ほとんどの人はそう感じている。


話はズレましたが、
そんな軽薄希薄低密の人々は、
身近にもたくさんいるように見える。
気をつけないといけないのは、
そう見える、ってこと。
そう見させられている、
実際には違うかも知れないが、、。
そうならいいのだか。


さらに、例えば、


お笑い芸人はあくまでテレビ局では
あのように振る舞うのだが、
そりぁ、ネタ、シナリオ、ディレクターの指示
などがあるからそうなんだよ。
実生活は、
バイト18時間、6畳に相方と10年暮らし、、
そんなのはザラ。


それが現実だということだ。


一方、
都会なんだから
その軽薄希薄低密が心地よいと、
そう思っている人々がいる。
shoはそのひとり。


いちいち誰かと深く絡みたくない、


すっと会って、
さっと分かれ、それでいい。


都会の軽薄さを利用したいな、
、、お金さえ払えばさ、
何でも出来ない?
悪い表現だが、
病院での治療もさ、
金次第かなって、何回か思ってる。


ま、そりぁいいとして、
心の袋にはは地方の魂を入れつつ、
都会ではなるべく
軽薄希薄低密に、生きるかな、
この先は。





















                         
                                  

コメント