FC2ブログ
        

恋人よ、、悲しすぎて

2020/ 06/ 20
                 
五輪真弓の「恋人よ」を聞いた。

当時兄のようにしたっていた、当時有名な編曲者が交通事故で急逝、

悲しみにくれる妻(友人)をみて

作った作品だそうです。





こんなことがあっていいのだろうか、

ありえない悲劇が

自分の周りに起きる。





特に、

親しい人の死ほど

ショックを与えるものはない。




本当に、冗談だよと笑ってほしい、

実感です。






大切な人が目の前から突然消えたら、

あなたはどうしますか?





主人を失ったワンちゃん以上に、

悲しみに暮れる日々を送るでしょう、






最後に亡くなった場所を何度も訪れ、

本当に亡くなったのか

確かめるのでしょうか。





そこに行っても

会えることはないのに、

何度も何度も、

知らぬ間にそこに行ってるのですね。









思ひわびてさても命はあるのもを

憂きに堪えぬはわが涙なりけり


(辛さに身体は耐えられたけど、心はその辛さに耐えられない。」

道因法師 「千載和歌集」より












                         
                                  

コメント