FC2ブログ
        

テレビ、コールドケースから

2021/ 01/ 16
                 

女性刑事が、容疑者から

「おまえの生きがいは何?」
と聞かれる、、、。


女性刑事の話し方が
場に似合わないほど
優しすぎるのが気になるが、
(容疑者に、、、なの調は、いかんよ)


ま、吉田さんは刑事役はムリかな。




さて、その生きがいだが、
女性刑事は、答えず、、。


死体を見るのが好きなのか?
だから刑事になったのだろー、
みたいに返されても、
刑事は無反応を装う。



キミ、生きがい、生きる支え、、
ある?


shoにとっての生きがいは、
生きる意味や価値は、
まず生きること、だな。






目の前の綺麗なお姉さんや
投資などじゃない。
(昔の同僚がハマってるが)


まず生き続けないと、
チャンスに巡りあえない。


海外を転々とする旅人、
いいねー。




スイスに1年、
ベオグラード2年、
モロッコ1年、


てな感じ。


コロナで今は楽しくなくても、
残念なことばかりでも、
生きていればこんなこともあるんだと、
その程度にしておく。
あまり悲観しちやいかんよ、
何も死ぬことはない。
あと一年くらい我慢すればいい。


好きな旅行が出来なければ、
ワクチンが普及し、
少しは外出出来る頃に、
倍返しだよ 笑)
いろいろ楽しむチャンスは、近いのだ。
今はジャンプ前の、しゃがみ時。


かなり遡って、中学生の頃は、

あの高校に行けば自由がある、みたいな
希望があった。
当時の学力に合う学校に行くしか、
考えていなかった。
自分のことばかり考えていた中学時代ではなかったが、
誰にも将来を見据て
精一杯頑張る時期があるはず。
そして夢は叶えられた。


あの頃の頑張りは、

確かに孤独で険しい道ではあったが、
やり切った感がある。
こんな不器用なオレでも、
やれば出来るのだって思った。


あの学校で知り合った、
都会の、超リッチな御子女も
もう怖くなかったな。
気遅れや劣等感など消えていた。


鼻垂れ小僧とバカにされていた幼少期があっても、
考えてみれば、
幼少期など皆んなそんなもんだろ。
最初からイケメンは、いない。
生まれた時は皆んなサルだよ 笑)


大学を終え、社会人になっても

今やらないとダメだと思う時、
あの、一番頑張った中学時代を思い出して、
覚悟して事に望むことにしてきた。


だから中学時代がshoの原点になる。


で、今は、どうなんだろう。


社会人になり、
人に混じって仕事をしても、
個人の役割は小さいもので、
次第に
組織の中での出世や昇進などには興味なくなった。
浅はかな奴等にウンザリ。
中には誤解して、
上に登ることが生きがい、
それしか頭にない仲間もいたが、
shoには関係ない。




超狭い仕事場の世界で「認め」られてもねー。


あなたの生きがい、
何でしょう?
興味ありますねー。











                         
                                  

コメント