FC2ブログ
        

もう花は咲かない

2021/ 03/ 11
                 
今日は、あれから10年目。
津波被害、地震、、。
で、テレビは連日の
あれから10年シリーズのオンパレード。


災害に関係ない人にとっては
あれから10年だよね、
で済むかもしれない。


悪いが、
あの歌、
今日も何かの式典で歌われるのかな。
もう、、辛くなるばかりだし、
心に届かない軽薄な歌詞には
違和感ばかり。
誰の、何を歌ってる?


テレビならチャネルを変える。


カラオケみたいに、
被災地をバックに流れる画像は、
全くの部外者が宣伝用、
共感用に製作したモノ。


何を宣伝したい?
何を共感させたい?


さあ、皆さん、
歌いましょう、、って、
歌ってどうする?


悲しいよね、みんな、
辛いよね、みんな、
成仏できるように、
励ますように、さ、歌いましょう、
さ、みんな、、、か。


あの歌は
鎮魂歌には、なり得ない。
被災者の励ましに、
なるか、、?


いや、shoにとっては、
どの歌も、
コンサートも、義援金も、
直接現地の人々と話さないうちは、
心には届かないだろうなって
気がする。


元気出してって、
肩を叩いてくれるだけでいいや。


海外旅行する時、
必ず現地の人々と話すshoは、
ただの旅人で終わりたくないから。
そこで暮らす人々、
毎日何を考え、
どんな人生を送ってて、
これから先、どうするか、
など現地人に添った暮らしを
ホテルや宿では想像したい。
観光ではない。




亡くなった私の友人達は
もう戻らないのだよ。
まだまだ一緒にやりたいことが
沢山あったのに、
人に逃げてと言いながら、
本人はあっと言う間に
津波に巻き込まれた。


どんな思いで亡くなっていったかと
思うと、
涙が止まらない。
怖かったろうな、
冷たかったろうな、
悔しかったろうな、って、
、、言葉にならない。


10年だろーが、20年だろーが、
私にとっては
節目でも何でもない。
毎日が、鎮魂の日々だ。


たまたま被災地から離れていた偶然、
たまたま生き長らえた自分、
何がなんだかわからなくなってしまう。


何故かオレが生き残り、
将来のある若者が、亡くなり、、。


だから、花は咲く、なんて

わけわからないこと
平気で歌える神経がわからないぞ。


大切な友人や家族をあっという間に失った人に、
花は咲くから、なんて
言ってはいけないだろ。


そりゃ、
頑張っている人に、
更に頑張ってと、追い討ちをかけるのと、
どこが違う?


そっとしてくれよ。
頼むから、
あの歌は歌わないでくれ。


同じ花は、
もう咲かない。
咲くことは、ない。
咲くなんて、あり得ないのだ。


もう、亡くなった彼らとは
あの頃と同じ時を共有できない、
一緒に歯を出して、笑えない、
一緒に酒飲めない悲しみは、
他人事として現地を垣間見た者の、
軽薄な表現で、
癒されるもんじゃない。


励ましはありがたいが、
どうか、そっとしてくれ。


私にとって、
悲しみの癒える日は
永久に来ない。
束の間、忘れることはあっても、

毎日、身近の少しの揺れで
トラウマとなった津波と死。


生きている間、
消えることはない。







                         
                                  

コメント