FC2ブログ
        

あまり気にしない、池江さん快挙

2021/ 04/ 05
                 
所詮他のスイマーのレベルが低いのだろうー、
みたいには言わないが、
白血病だからって、
今はもう特別ではないのだよ。
60%以上、治る。


まず、
何が原因で白血病になったか
わからない。


shoの場合もそうだった。


担当医師は、
原因はわかりません、と。


いちいち、
染色体の突然変異など、
いつあるか、、誰が知る?
もう対処療法しかないのだよ。


が、
治る率、寛解率はかなり上がっている。


以下、引用です。
「急性骨髄性白血病の寛解率は60-80%、化学療法のみでの5年生存率は約40%です。急性リンパ性白血病の寛解率は70-90%、5年生存率は30-50%です。化学療法では治癒する可能性が少ない、治りにくいと思われる場合には造血幹細胞移植療法を行います。この治療法が行えるのは60-65歳までの、、」



、、だから、
心配は、罹患後、
5年を超えること。


どうすれば、超えるか?


それも、
誰もわからない。


だから、医師は、
QOLなんて言う。


Quolity of Life 、、、生活の質を
向上させよう、って
誰もが言うよ。


生活の質、
今のうちに、
好きなことをしておけば、と?


shoは、それが出来なかった。
向上って何、みたいな。


しんどい教育現場、
いつ再発してもおかしくない状況で、
忙しいし、問題生徒は多いし、
これじゃもうダメかもな、
ストレスがある学校は辞めようか、
みたいに
毎日を過ごして、
、、でも、再発はなかった。


世界を見ると、
そんな例はたくさん。


医師が抗がん剤治療の際、
体重、身長を聞く。
つまり、体力があるのか、
どれくらいの量を、と計算する。


だからといって、
頑丈な人が必ずしも生き残る、
ってことじゃないのだ。


shoが生き残っているのは
運なのか、カーマなのか、
さっぱりわからない。


あの時死ねばよかった、
なんては思わず、
今、生きている不思議を実感することもあり、
再発する恐怖は、
もうない。


日々、普通に生きている。







                         
                                  

コメント