FC2ブログ
        

9秒95、、山縣選手を支えたのは何

2021/ 06/ 06
                 


、、2019年以降は腰や背中、肺気胸、足首の靭帯断裂など、20代後半に差し掛かったアスリートとしては、あきらめてもおかしくない場面は何度もあったはず。

それでも山縣は、前を見続ける。
雌伏の時を経て、今季、見事に復活。
4月末の織田記念を10秒15で制し、
雨と強烈な向かい風だった5月5日の水戸国際を挟んで、
この大会に臨んだ。
で、本日、日本新記録樹立!


「復活」などそう簡単には出来ない。
よほど自信がないと、
引退の2文字が常につきまとうはず。


なぜ苦難に負けず、
諦めずに記録を追い続けることが
できたのだろー。




最後までやり抜く力をgritというが、
最終的に、
これは誰かに言われたから、とか、
他人との比較で生まれる動機付けどはなく、
簡単に、
好きこそものの上手なれ、にあるように、
走るのが好きなんだろと思う。


嫌ならもう辞めているはず。
お金や名誉のためなら
邪念が入り、長くは出来ないのでは?


やっぱり、
「好き」という気持ちに勝る動機は、
ないのではないか。









                         
                                  

コメント