FC2ブログ
        

大垣日大、甲子園に行く資格剥奪なぜ?

2022/ 02/ 20
                 
秋季大会が最終決定の場ではない、と
あるようだが、
それならそれと、
主催者側は聖隷側に
どう説明をしたのかな?


それにしても、

聖隷クリストファー野球部の生徒が、
気の毒でならない。


突然の決定方法の変更など、
オリンピックの高梨選手らと同じ扱いで、
君らは甲子園に行く資格がないと、
通告されたも同じ。
厳格なルールでも従来とは違う測定方法?
かどうかは知らないが、
それでも、
ジャンプ当日ではなく事前に
スーツの測定をするって
全選手に公平に伝えるべきだ。


高校野球も、
何故だと、
誰しもが思う。


日大も、えっ?との反応だったはず。


辞退しろとは言わないが、
決定のプロセスを知らずして
やったー、って喜んでいるはずがない。


これも、事前に言っておけばよかった。
優勝高校が自動的に甲子園に、、
あれ?優勝した三島はOKなの?
どうして?


誰が決めた?


もう決勝戦だから、ってのは
関係ないのでは?


こうなったら、
三島だってキョトンとしてるのでは?


試合内容で判断するって
主観が入るからさ、
残念ながら、

両校には不満な決定だった。
誰にでも分かる試合結果が
一番いいのでしょう。


そうすると、優勝した
三島についても、
再検討し、
2校目についても、
該当校なし、と発表したらよかった。


難癖つけられて、
聖隷クリストファー、かわいそうで仕方ない。


何のために秋季大会をやったのか、
わからなくなってくる。


あの文言、
最終決定ではない、は、
所詮は形式的に過ぎないものを
解釈時、まともに受け止めてしまった選考者たち、
、、残念だよ。
いや、まともじゃない、
異常だ。
最初から特別な意思があったから、
解釈に難癖つけたのだ。
選考者による恣意的な
判断は、気狂いじみている。


憲法の解釈と同じ。
特別な意思が働いて、
あの文言を利用したのだよ。


また、試合内容について言えば、
例えば、
振り逃げでランナー生還して
逆転で勝って秋季大会優勝したら、
選考者が、
いやぁ、あれじゃ甲子園に行かせるわけには
いかない、、とかさ、
また、難癖つけるわけだよ。


さらに、
相手のエラーがふたつ、みっつ連続して
逆転のランナーがホームイン、優勝!
、、これも、
気に食わないのかもしれないよ。
選考者が、
あれじゃ甲子園では勝てない、
この地区からは推薦できねーな、
とかさ、
もう、ダメだろー。


さて、法律用語に「裁量権」というのがある。


教育現場でも、
一教員に対する処分として
例えば、懲戒免職があったとする。


そりゃひどい、と
裁判に訴えた側は、
裁量権の逸脱、って判決で勝つことはある。


つまり、
あの選考者達に、
どれほどの決定権があり、
いちいちベスト4まで遡らないと
決定出来なかったのか、
そこが問題だ。


ベスト4ならもう一校あったはず。


なぜ大垣が選考のテーブルに出てきたのか?
不思議じゃない?


最初から大垣を押す一派があったからでしよ?
票を取りまとめる力が
働いたから3対3?に分かれたのでは?


そこまでしていいの、っていう
裁量権。


あなたはどう思いますか?


第三者委員会を設置して、
ぜひ解明すべきだ。


場合によっては、
選考者の処分もあり得る。



























                         
                                  

コメント