FC2ブログ
        

校則廃止には外圧を!

2022/ 03/ 13
                 
問題の馬鹿げた校則、
廃止には外圧が必要だ。


外圧とは、
簡単に言うと、
校則を、
日本人からの意見や調整ではなく、
人権をより配慮した外国人の立場から、
学校という集団において、
ひとりの人間としての児童、生徒を
人権を保護する観点から
変えていく。
その人権意識を持たせて
生徒を育てていく力が
必要だ。


日本人は、
日本にしか通用しない、
あるいは、特別な地域や閉ざされた社会にしか
当てはまらない常識や慣習をもとに
校則を作りだがる。


なぜなら、
そこに住む大人は、
児童、生徒をそこに住む「児童、生徒」として
位置づけて、
自分たちより未熟で幼い生き物、
守らなければいけない人間、
、、というような極端に走りがちな傾向が
生まれてくるのだが、
やがては、
自分たちの支配下に置きたい、と思う。
あるいは、
「児童、生徒」として
こうあるべきだとの勝手な想像で
規則を考えてしまう。


いつも間にか、
また同じことを繰り返して、終わり。
結局、
日本の学校関係者や保護者や
どう考えても、
人権という立場からは、
モノは考えられないのだ。


日本には、
「人権」の概念や教育は
充分ではなく、
人権って何と聞かれても
さぁー、と考えこんでしまう。


日本の学校関係者には悪いが、
そういうことだ。


外圧で風穴あけないと、
いつまでも同じことの繰り返しだよ、
残念だがね。


教育委員会などは、
何も出来ないからそのつもりで。







                         
                                  

コメント