FC2ブログ
        

軽薄な流行歌はキツイ

2022/ 06/ 21
                 


歌が下手だよ!ってオジさんが叫んだ。

横浜駅前にある、某量販店の
テレビ売り場でのこと。


「キミ、キミ、キミ、、ってかー。バカが!」


ま、分かるな。
その方、上手くなかったよ。
画面見てすぐに分かった。
彼は歌手ではなく、
俳優さんよ。本業の歌手ではない。
にしても、もう少し上手いと思っていたが。

綺麗なバックコーラスを従え、
今流行りの歌を汗いっぱいかいてた。
伴奏には合わせていたのだが、
歌詞がどこにでもあるような陳腐なもので、
あー、もったいないなと感じたし、
期待はしないがそれなりにショックもあったし、
歌手もどこかで聞いた言葉ばかりで、
オッサンが怒るのも無理はない。


前述したキミは、
文章語かな。

詩、短歌、俳句、、文章でよく使うでしょ?
若い人は普段の会話では使うかな?


ま、しかし、
そんな残念な体験は早くに済ませてあり、
shoは日本語歌詞からも逃れる決意をしていた。



大したことはないが、
ショパンを聞くといい。

ポールモーリアを聞くといい。


歌詞がないから縛られることはない。
歌詞があるとイメージや光景が固定され、
しかもそれが一曲分と長いと
聞いているうちに疲れてしまう。
飽きてしまうのだよ。


それに比べ、
クラッシックや歌詞のない音楽は
楽だ。


曲の解釈は自由だし、

固定化された状況があったとしても
素人のshoはそれに気づかないで
いろいろ想像し妄想すら出来てしまう。


また、バイオリンにしても、
オーボエにしても、
楽器の魅力を発見することもある。


単にテレビの見過ぎなのかな、shoは。







                         
                                  

コメント