FC2ブログ
        

君は弱い?でも、自分だけでは、ない。

2017/ 09/ 17
                 
そう、実は、みんな弱いのですよ。


自信などあるわけない。


見るからに職場で、学校で、「なんであいつあんなに自信たっぷりなんだろ」、

とか、


「いつも友達と楽しくやってて、いいな」とかね、、、。



よくありませんか?


結論は、自分の好きなことを出来ている人は、輝いて見える。


自信たっぷりに見える、ということかな。



だって、なんか不安な時、好きなことを考えればいいわけだから、


不安は解消されますよね、その時間、10分かも20分かもしれないけど。


不安、臆病な時間はそのようにして消え、その瞬間を見ている人は、

ああ、あの人、なんかいいね、と思うわけですね。


(実際には、その、好きなことを持っている人でさえも、おどおどする場面はあるのですよ、人並みに)


つまり、好きなこと、自分で打ち込めることがあるなら、、、ひとつでも、ふたつでもね、、、いいのでしょう。



学校は、みんなが得意というわけではありません。


数学、英語、物理、化学、体育、、you name it.


全部が得意で、勉強が好きで仕方ない、という人でも、


お悩みはあるのです。



競争だと思うと、上には上がいますからね、限りありません。


そういう人は、夜も眠れないでしょうし、精神的に病んでくるのです。



一方、好きなことで、勉強や仕事に関係ないのがいいですね、一番自分らしく振る舞えるものを持っていると、

人生への考え方も柔軟になり、

自分と他人、他人との心的距離、緊張感、、、そういったものがわかるのでしょう。



勉強なんて、学校や人から強制されてやるもんである限りは、ダメです。


そこに、、つまり、競争や順位づけ、点数、偏差値、成績、、、無駄なエネルギーを費やす愚かさを


早く知ることですね。


そういう尺度に敏感になるから、神経質になり、自信を無くす、とういうことなのです。



好きなこと、自分を打ち込めるものを探す、それが一番の薬のような気がします。



診療内科、カウンセラー、同じことを言うのでしょうね。



私は、もう捨てた。  


全部、要らない、、、みたいに、


仕事?適当にやるさ、、、自分の好きなことにもっと力をいれて、


失敗したら自己責任、、、でもあまり責めない、自分がかわいそう。



失敗したら、またやればいい、


好きなことだから、そんなにダメージを与えないようにしようよ、自分に。


好きなことだから、長く続くのだしね。


好きなことをしている自分は、きっと、自信にあふれ、笑顔いっぱいに、、


他人から見られる。