FC2ブログ
        

踏切で座って動けない老人、、さあ、どうする?

2018/ 06/ 11
                 
商店街を出て、少しは明るくなったかな。
16号線に出るには線路を渡る。
すぐに警報機が鳴り始めた。
残念、ちょっと遠いか、踏切までには。
が、何気なく踏切の方に目をやると、
人混み、、
気になる。
踏切の中に自転車と老人がいるのではないか。
老人は線路に脚を挟まれて痛そう。
自転車は、ちょっと小さめ。
でも警報機が鳴ってる。
老人の動作がのろい、
転んで、どこか打ったか?
立てるかなあ、なんて見ていると
すぐそばにいたサラリーマン風の、
男性1人が遮断機を手でどけて
すっと入って行った。
脇目もふらず老人の元に。
自転車より、
老人を、、でも、老人、脚を痛がり
なかなか脚を挟まれた状態から
解放出来ない。
警報機は鳴る。
老人は、助けに来てくれたサラリーマンに、
あんた逃げて、と言ってるかのよう、、
手で追い払う様子。
しかし、サラリーマン、靴を脱がし、
、、脚を引き出すのに精一杯の様子、、、。
私は、
その場から、踏切の反対側、今来た商店街の中に、
走って逃げた。
                         
                                  

コメント