FC2ブログ
        

もういないわたしを探して 春

2018/ 06/ 15
                 

涙流して、私を探してくださいね。
春は、花を見上げて、
小鳥がさえずれば、
それが私だと思ってください。
夏は、白いユリの花が風に揺れたら、
あなたのそばにいるあかし。
一緒に海に沈む太陽を眺めましょう。
秋には、ゴンドラから見える紅葉の絨毯に、
そっと雨が降り出したら、
私の涙だと思ってください。
冬、吹雪の止んだ雲の合間から、
光が差してきたら、
あなたを迎えに来たのだと思ってください。
ずっとずっと、もういない私を思い続けて、
私を忘れないでね。
                         
                                  

コメント