FC2ブログ
        

10年後のラブレター

2016/ 02/ 14
                 
お元気ですか。
あれから今日で10年です。あれ、と言われても、何のことかわからないかもしれない。僕は覚えてる。
忘れるはずがない。
札幌、2月、冷たい髪、凍るような君の頬。
そして、その日以来、会うことはなかった。探しても連絡も取れないまま、時間が過ぎた。
そのせいか、自分から誰かを好きになることは無いだろうと思いながら、今日に至っている。
先日、小樽に用事がありました。行く前から落ち着かない自分がいて、どうしようもありませんでした。
小樽も立派な観光地になりましたが、少し外れた山側は当時のまま、何も変わってません。綺麗な海は相変わらずです。ひとりで長く歩くのも変に思われますからすぐに引き返しました。
伊藤整、まだ読んでいますか。
直接お会いすることはもう無いでしょう。きっと、幸せな結婚生活を送られていることでしょう。
あの頃の日々が今の僕を支えているのですが、いっそ、全て、何も無かったのだと消し忘れたい衝動にも駆られます。
その方が楽ですし、前に進むことが出来ますからね。
一期一会っていうのは、亜紀さんが好きな言葉でしたね。
あの日、亜紀さんは何か覚悟していたのだろうか。明日から会えなくなるなんて、どんな筋書きだったのだろう。よく思い出します。
10年経っても、今、目の前には、大通りもあれば、公園もあり、何が違うのだろうかと不思議に思います。
今、どこにいますか。