FC2ブログ
        

あの人はもう、いない

2016/ 02/ 21
                 
青葉城恋歌にあった。



いや、しかし、どんな恋愛歌にもよくあるフレーズ。



たまたま、曲と歌詞がうまく重なって、


記憶に残っているのかしら。




あの、好きだった人は、今はもういないのだと、


季節が何度巡ってきても、


あの頃と同じ夏が何度来ても、


私はここにいるが、


いないのはあの人だけってことですね。




仙台の駅に新幹線が止まる、


乗客を迎える歌が、これです。



せっかく仙台に来て、何か新しい出会いや生活を


求めてきても、いきなりこれか、って、


失望、、、そんなことはないか。



仙台に、別れの街、あるいは、何か寂しい北のイメージがあるとしたら、


観光的にはどうなんだろう。



ウエットな、introvertな歌を好む人は多く、

いいんじゃない、程度で済むのでしょうね。



駅に着くなり、


行進曲とか、Adelのsky fallじゃおかしいって


ことでしょうか。


ご当地ソング、、、、いい言葉ですね。




にしても、


青葉城恋歌、


、、、いろいろ思い出してしまうな。