FC2ブログ
        

25時のため息

2018/ 08/ 16
                 
誰に言われたのでもなく、

誘われたのでもない、


少年は一人、旅に出る。

 夏休み、知らない地方への一人旅、

 泊まるあてなど、ない。

 その気なら駅でも、地下の通路にでも

 野宿さえ厭わない。


ある地方の、小さい町にたどり着く。

 太陽は高く、暑い日々が続く。


澄んだ川の流れ、透明な空、

 生まれ変わったような気がする。


昼、川べりの小さな喫茶店で寛いでいると、

 同じ音楽がずっと流れている。

 その地方で育った歌手の、宣伝車が

 狭い町中をぐるぐる回っているようだ。


都会ほどけばけばしくない音楽だが、

 聞き入って入ると、
 
 なかなかいい。
 
 
喫茶店での主人がやってきて、
 
 あれ、俺が作ったんだ、と。

 自分でも気に入っている、と。

 見知らぬ少年に、語り始める。

 都会での荒んだ生活は、

 わずか数年で、田舎に戻る決意をさせたと。


列車に乗り、更に北へ向かう夜行電車で、

 昼に聞いた、曲をつぶやいていた。

 
都会に戻った少年は、

 もう還暦を迎える。

今夜、25時、ふとため息ひとつ、

 あの時たどり着いた田舎の無人の駅に、

 また行ってみよう。

 








                         
                                  

コメント